様々なオンラインカジノ必勝法

オンラインカジノの必勝法・パーレイ法について

オンラインカジノなどのギャンブルで、攻略法を身に付けることは必須です。
代表的なものとして「ベッティングシステム」があります。

ベッティングシステムについて

ベッティングシステムについて
「ベッティングシステム」とは、戦略的な「賭けかた」を設定するものです。
軍資金とのバランスが考えられてますから、「短時間の破綻」を防ぐことができます。
冷静なギャンブルを心がけるためにも、「ベッティングシステム」の活用を検討してください。

パーレイ法の活用について

「パーレイ法」は「ベッティングシステム」の一種です。
「攻撃的な手法」として知られています。
勝負の波に乗れば、短時間で「驚くほどの利益」を上げられます。

「本当にそのようなことが可能となるのですか?」。
ギャンブル初心者から質問が寄せられました。
お答えしましょう。
理論上、「勝ち」が続けば間違いなく「驚愕の勝ち金」をゲットできます。
さっそく概要について触れましょう。

パーレイ法のベットルール

「パーレイ法」を活用するためには、「勝ちやすさ」にこだわる必要があります。
そのために、「勝率50パーセント・配当2倍ゲーム」での活用が「パーレイ法」のセオリーです。

そして、「勝ったら倍賭け」が「ベットルール」となります。
正確には、勝ったら勝利金の全額をつぎの「ベット額」とするものであり、「勝ち」が続けば「あっという間」に勝利金がふくらむのです。
お分かりでしょうか?

パーレイ法のベットルール

パーレイ法の問題点

「爆発力」のある「パーレイ法」は、少ない資金を大きくしたい場合に効果的です。
ただし、あまりにも資金量が少ない場合には注意しなければなりません。
スタートの金額を大きく設定すると、「ベッティングシステム」を活用しているにもかかわらず、短時間に資金を失ってしまいます。

ご自分の「資金量」が少ないならば、「最小単位」から始めてください。
活用を繰り返すうちに「パーレイ法」のコツがつかめるはずです。

パーレイ法の危険性

「パーレイ法」を危険だと感じる人は少なくないでしょう。
「1回の負けで勝ち金を失うなんて、怖くて活用できないよ……」。
このような声が聞こえてきそうです。

しかし、よく考えて下さい。
「パーレイ法」はそんなにリスキーな手法ではありません。
「1回の負け」で失うのは、「軍資金のすべて」ではないということです。
あくまで、連勝を始める前の資金を元手にした「勝ち分」を失うのです。

したがって、軍資金から減るのは最初の「ベット額」のみとなります。
どうですか?このように考えれば精神的に楽でしょう?「パーレイ法」は想像より危険ではありません。
ぜひ、積極的に活用を考えてください。

オンラインカジノの必勝法2・モンテカルロ法の真実

高度な手法とされる「モンテカルロ法」を紹介しましょう。
ギャンブルを始めるならば、こうした「必勝法」を身に付けることがセオリーです。

モンテカルロ法のメリット

みなさんは「ベッティングシステム」をご存じでしょうか?戦略的な「賭けかた」を指す言葉です。
ギャンブルは刺激的ですから、「冷静さ」を保つことが非常に難しいと感じませんか?あらかじめ「賭けかた」に戦略を持たせれば、精神状態に左右されません。

「モンテカルロ法」は「ベッティングシステム」の一種となります。
この手法によるメリットは、負けが続いたとしても「ベット額」が高騰しない点にあるのです。
また、数列計算を基に「ベット額」を導きますから、「トータルの勝ち」をゲットできたときには大きな充実感を得られるでしょう。

モンテカルロ法のデメリット

「モンテカルロ法」を活用するためには、毎回数列の計算が必要です。
数列が長くなると、頭の中だけで計算することが困難になります。
ぜひ「メモとペン」を用意してください。

そうしなければ、「モンテカルロ法」を正確に実行できません。
リアルカジノで活用することは難しいでしょう。
基本的には、オンラインカジノなどのオンラインギャンブルでの活用がセオリーです。

モンテカルロ法のやりかた

モンテカルロ法のやりかた
「モンテカルロ法」を正確に実行するためには、数列を理解しなければなりません。
まず「メモとペン」を用意してください。
そして数列「1・2・3」から始めましょう。
「モンテカルロ法」の「ベットルール」は両端の数字をプラスすることです。

さっそく1回目の「ベット額」を計算してみましょう。
両端の数字をプラスですから、「1+3」で「4」になります。
理解できましたか?つづいて、この勝負に負けた場合を考えましょう。
勝負に負けたならば、直前の「ベット額」を数列の右端に加えて下さい。
数列は「1・2・3・4」となります。
「ベットルール」は「両端の数字をプラス」ですから、「1+4」で「5」になります。
これが2回目の「ベット額」です。

負け続けたならば、数列はドンドン長くなります。
つぎに、勝った場合を考えましょう。
勝った場合には数列の両端を2つずつ消し込みます。
消せる数字が無くなれば「セッション」の終了となるのです。

「3倍以上の配当ゲーム」で活用すれば、「セッション」を終了させた時点で「利益」が出るはずです。
数列を構成する数字の消し込みをめざして、「モンテカルロ法」を正確に実行しましょう。
知略に富んだ手法ですから、大きな満足感を得られます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です